足の健康を考えて選びたい!快適なコンフォートシューズの豆知識をご紹介します

指の付け根の変形や足裏のアーチ崩れを防ぎ、足の健康を維持するためにコンフォートシューズを履きたいと思っている人もいるのではないでしょうか。コンフォートシューズは伸縮素材が使われていることが多いですが、足のサイズは朝夕で異なるので試着をする際にはどちらにも対応できるか見極めるのがおすすめです。またコンフォートシューズには明確な定義がなく、様々な製品があるので購入する場合には自分に合っているシューズを選ぶことが大事です。

コンフォートシューズで足の悩みを改善できる理由

靴を履いていると足が疲れやすかったり、指や足の裏などが痛くなったりするなどといった悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。そのような場合には、普段履いている靴をコンフォートシューズに替えることで悩みを改善することが出来る場合があります。履き心地を考えて作られているコンフォートシューズは、つま先が窮屈ではない造りになっているものが少なくありません。一般的な靴の中にはつま先が細い形をしているため、履き方によっては足の指が痛くなってしまったり変形の恐れがあったりするものもあります。そういった靴からコンフォートシューズに替えると、つま先の痛みの改善が期待できます。また底が硬い素材で出来ている靴は歩くときに衝撃によるダメージが蓄積し、足が痛くなることも少なくありません。その点、底に衝撃を吸収する素材が使われているコンフォートシューズを履けば、コンクリートのような硬い地面を歩く場合にも足が痛くなりにくいです。

低反発の中敷きを採用したコンフォートシューズ

普段、靴を履いて外出をすると足の裏が痛くなってしまうという人もいるのではないでしょうか。そういったときにはコンフォートシューズを履くことで、これまでより快適に過ごせるようになる可能性があります。コンフォートシューズは、自然に足にフィットする素材で作られていることが多いです。足指に負担がかからないように設計されているだけではなく、低反発の中敷きが採用されていることもあります。反発力が低い素材で出来ているインソールは、柔らかくて沈み込むようなフィット感があるのが特徴です。そのようなコンフォートシューズを履けば、長時間靴を履いて立ち仕事をしていたり屋外を歩いたりしていても疲れにくいことが期待できます。低反発タイプのインソールは、パンプスタイプのコンフォートシューズに取り入れられていることがよくあります。靴底が薄く硬いヒールのデザインであっても、内部が柔らかくフィットする素材が使われていれば比較的快適に履くことが可能です。

ヒールがあるコンフォートシューズはあまり多くない

足元からお洒落を楽しみたいけれど、快適に履くことができる足に優しい靴を選びたいという人は多いのではないでしょうか。一般的に女性が選ぶお洒落な靴といえばヒールのあるものが挙げられますが、コンフォートシューズにはあまりかかとが高いものは多くはありません。一般的にかかとが高い靴を履いていると、足が疲れやすくなります。というのも常につま先立ちをしているような状態なので、歩く際の衝撃が足に伝わりやすい他ふくらはぎの筋肉が張るからです。また比較的硬い素材で出来ているものが多く、靴擦れや魚の目を引き起こすこともあります。コンフォートシューズは足の健康を考えて作られているほか、履き心地の良さを重視しているので高さがある靴の場合でもかかとだけではなく底全体を上げるような形になっていることが多いです。数は多くなくてもコンフォートシューズとして売られているヒール付きの靴もありますが、購入時には試着をして着心地を確かめるのがおすすめです。

幅が広く甲が高い人向けのコンフォートシューズ

靴に関する悩みがある人の中には足の幅が広く、甲が高いタイプの人もいるのではないでしょうか。そのような場合には自分に合ったコンフォートシューズを履くようにすると良いかもしれません。一般的に足の幅が広いと、靴の形によっては横幅が窮屈に感じられることがあります。また甲が高い場合には足の甲がシューズで擦れて痛みが出ることも少なくありません。しかしコンフォートシューズは、一般的に伸縮性のある素材で作られていることが多いのが特徴です。伸びる素材で出来ているものなら、側面や甲が靴に当たる場合にも履いているうちにフィットすることが期待できます。靴を購入するときには、幅広甲高の方向けと表記されているコンフォートシューズの中から選ぶのも1つの方法です。ただし幅広甲高向きのコンフォートシューズであっても、人それぞれ足には違いがあるのでフィッティングをして違和感がないかどうか確認をしてから購入することをおすすめします。