足の健康を考えて選びたい!快適なコンフォートシューズの豆知識をご紹介します

指の付け根の変形や足裏のアーチ崩れを防ぎ、足の健康を維持するためにコンフォートシューズを履きたいと思っている人もいるのではないでしょうか。コンフォートシューズは伸縮素材が使われていることが多いですが、足のサイズは朝夕で異なるので試着をする際にはどちらにも対応できるか見極めるのがおすすめです。またコンフォートシューズには明確な定義がなく、様々な製品があるので購入する場合には自分に合っているシューズを選ぶことが大事です。

コンフォートシューズで足の悩みを改善できる理由

靴を履いていると足が疲れやすかったり、指や足の裏などが痛くなったりするなどといった悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。そのような場合には、普段履いている靴をコンフォートシューズに替えることで悩みを改善することが出来る場合があります。履き心地を考えて作られているコンフォートシューズは、つま先が窮屈ではない造りになっているものが少なくありません。一般的な靴の中にはつま先が細い形をしているため、履き方によっては足の指が痛くなってしまったり変形の恐れがあったりするものもあります。そういった靴からコンフォートシューズに替えると、つま先の痛みの改善が期待できます。また底が硬い素材で出来ている靴は歩くときに衝撃によるダメージが蓄積し、足が痛くなることも少なくありません。その点、底に衝撃を吸収する素材が使われているコンフォートシューズを履けば、コンクリートのような硬い地面を歩く場合にも足が痛くなりにくいです。

低反発の中敷きを採用したコンフォートシューズ

普段、靴を履いて外出をすると足の裏が痛くなってしまうという人もいるのではないでしょうか。そういったときにはコンフォートシューズを履くことで、これまでより快適に過ごせるようになる可能性があります。コンフォートシューズは、自然に足にフィットする素材で作られていることが多いです。足指に負担がかからないように設計されているだけではなく、低反発の中敷きが採用されていることもあります。反発力が低い素材で出来ているインソールは、柔らかくて沈み込むようなフィット感があるのが特徴です。そのようなコンフォートシューズを履けば、長時間靴を履いて立ち仕事をしていたり屋外を歩いたりしていても疲れにくいことが期待できます。低反発タイプのインソールは、パンプスタイプのコンフォートシューズに取り入れられていることがよくあります。靴底が薄く硬いヒールのデザインであっても、内部が柔らかくフィットする素材が使われていれば比較的快適に履くことが可能です。

ヒールがあるコンフォートシューズはあまり多くない

足元からお洒落を楽しみたいけれど、快適に履くことができる足に優しい靴を選びたいという人は多いのではないでしょうか。一般的に女性が選ぶお洒落な靴といえばヒールのあるものが挙げられますが、コンフォートシューズにはあまりかかとが高いものは多くはありません。一般的にかかとが高い靴を履いていると、足が疲れやすくなります。というのも常につま先立ちをしているような状態なので、歩く際の衝撃が足に伝わりやすい他ふくらはぎの筋肉が張るからです。また比較的硬い素材で出来ているものが多く、靴擦れや魚の目を引き起こすこともあります。コンフォートシューズは足の健康を考えて作られているほか、履き心地の良さを重視しているので高さがある靴の場合でもかかとだけではなく底全体を上げるような形になっていることが多いです。数は多くなくてもコンフォートシューズとして売られているヒール付きの靴もありますが、購入時には試着をして着心地を確かめるのがおすすめです。

幅が広く甲が高い人向けのコンフォートシューズ

靴に関する悩みがある人の中には足の幅が広く、甲が高いタイプの人もいるのではないでしょうか。そのような場合には自分に合ったコンフォートシューズを履くようにすると良いかもしれません。一般的に足の幅が広いと、靴の形によっては横幅が窮屈に感じられることがあります。また甲が高い場合には足の甲がシューズで擦れて痛みが出ることも少なくありません。しかしコンフォートシューズは、一般的に伸縮性のある素材で作られていることが多いのが特徴です。伸びる素材で出来ているものなら、側面や甲が靴に当たる場合にも履いているうちにフィットすることが期待できます。靴を購入するときには、幅広甲高の方向けと表記されているコンフォートシューズの中から選ぶのも1つの方法です。ただし幅広甲高向きのコンフォートシューズであっても、人それぞれ足には違いがあるのでフィッティングをして違和感がないかどうか確認をしてから購入することをおすすめします。

通気性が良いコンフォートシューズを選ぶには

長時間履いていても歩きやすく疲れにくいコンフォートシューズを購入したいけれども、通気性も重視したいと思っている人もいるのではないでしょうか。靴の中に蒸れた空気がこもると、悪臭の原因になったり足の健康のために良くなかったりするので、コンフォートシューズを購入するときにもできるだけ湿気がこもらないようなものを選ぶのがおすすめです。そのためには、例えばつま先やかかとが開いているデザインのサンダルタイプのコンフォートシューズを選ぶのも1つの方法です。また一部にレース素材を使っているデザインのものも良いかもしれません。フラットなスリッポンタイプのものでも足の甲を覆う部分がレースになっていると、通気性が良く夏でも比較的蒸れにくく快適に履くことができます。それからパンチングレザーを用いたコンフォートシューズも、湿気がこもりにくいというメリットがあります。レザー素材でありながら爽やかに履くことが可能です。

革製でも防水機能つきのコンフォートシューズもある

高級感と足に優示唆を両立させた革のコンフォートシューズは、靴内の快適性を保つために通気性を備えていることが多くなっています。特に外回りの営業職の方に選ばれており、新たな定番アイテムになりつつあります。最近注目されているのが、雨天でも安心して利用できる防水機能付きのコンフォートシューズでしょう。一般的に防水機能だと靴の通気性能が低下するため蒸れが起こり、雑菌の繁殖の原因になりますが、その対策として防水性能と通気性の両方を持つコンフォートシューズが登場しています。特に表面生地に撥水加工を施したものが多くなっており、雨が靴にあたっても染み込む前に流れ落ちる仕組みが特徴です。またゲリラ豪雨でも水が足にしみることのない防水性能を持つ製品もあります。高性能な防水フィルムを採用することで生地から雨水の浸透を防ぐため、激しい雨の中でも足が濡れることを防ぎます。足に優しいコンフォートシューズを選ぶときは、雨の日の事も考えておくと良いでしょう。

コンフォートシューズは甲部の安定感もポイント

足に負担が掛かりすぎなようなコンフォートシューズを履きたいと思っている人もいるのではないでしょうか。健康的で履き心地のいいコンフォートシューズを探すときには、甲部に安定感があるかどうかもチェックしておきたいポイントとなります。一般的にコンフォートシューズには足指を締め付けすぎないような、ゆとりがあるものが多いため緩い靴というイメージを持たれがちかも知れません。しかし単に緩いだけでは、必ずしも履き心地が良いとは限らないため注意が必要です。例えば甲の部分が広く開いているデザインの靴の場合、脱いだり履いたりしやすいというメリットがある一方で、うっかり脱げてしまわないように歩いている最中も無意識に指に力を入れてしまうことがあります。そのような靴を履き続けていると足が疲れたり、指の変形を招いたりする恐れもあります。長時間歩くときに使用するなら、甲部が覆われている安定感のあるコンフォートシューズを選んだ方が良いです。

女性向けのコンフォートシューズはローヒールが多い

普通のスニーカーとは少し違っていて、見た目のオシャレ感も引き出していくことができるのがコンフォートシューズの大きな魅力になりますが、何よりも素敵なところは履き口がとても柔らかいので靴擦れしにくいところになります。また、つま先が圧迫されないように窮屈なデザインを採用していないこと、ある程度衝撃があっても足の疲れを感じないように衝撃緩和の役割を持っているインソールが備わっているところも魅力でしょう。そして、コンフォートシューズはローヒールな点も非常に優秀で素晴らしいです。ヒールが高いとどうしても足の疲れを感じてしまうことが多くなり、足の長さを強調させることはできても履き心地に関してはあまり良くない状態になってしまうので、見た目のバランスと快適な履き心地を可能にした作りを大切にしてくれているところがコンフォートシューズの良さになっています。通気性に優れていてニオイ対策も完璧にすることができるので、興味を持たれた方はぜひ買ってみることをおすすめします。

お気に入りのコンフォートシューズを長持ちさせるには

自分に合ったお気に入りのコンフォートシューズは、できるだけ長持ちさせたいと思う方が多いのではないでしょうか。長持ちさせるためのコツはいくつかありますが、まず大切なのは適切な保管方法です。靴は通気性のある場所で保管し、湿気や直射日光から避けるようにします。シューズクローゼットに保管する際には、シューズツリーや新聞紙を詰めることで形状を保ちます。また、一日使用した後は靴の汚れや塵をこまめに取り除き、柔らかいブラシや湿った布で優しく拭きます。使用後は内部も乾かすことも重要です。次に、お気に入りの靴は続けて履きたくなりますが、長時間連続で同じ靴を履くことは劣化を早めるので避けるのがおすすめです。複数の靴を交互に履くことで靴底のクッション材料や革が休息し、寿命を延ばすことができます。メンテナンスのタイミングとしては、靴底やかかとの減りが目立つ場合に専門のメンテナンス業者に修理を頼むことを検討します。さらに、日常的に防水スプレーを使って保護し防水性を維持することも大切です。これらのアドバイスを実践することで、お気に入りのコンフォートシューズを長く快適に履き続けることができます。